アイアンの内装で階段はいかが? 05|&.Fe Designのアイアンとウッドを活かした家具作りで生活をもっと豊かに!

&.Fe Design

presented by 株式会社谷元工業

0532-74-3399 資料請求・お問い合わせ

blog

HOME > BLOG > アイアンの内装で階段はいかが? 05

アイアンの内装で階段はいかが? 05

2019年8月5日

アイアンの内装で階段はいかが? 05

 

愛知県豊橋市にて、建物や外構などの鉄製部位の補修工事や鍛冶工事、溶接工事、鉄骨工事を請け負う谷元工業は現在、「~と鉄を組み合わせたデザイン。」をコンセプトに、鉄を他のさまざまな素材と組み合わせることによって生まれる製品を、「日常をかっこよくオシャレにする雑貨、家具、インダストリアル」としてご提供する「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」というアイアン家具・アイアン雑貨のブランドをプロデュースしています。

 

みなさんこんにちは、「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」広報担当のAです。

前回まで4回に亘って、鉄と木を組み合わせた階段の魅力についてご説明してきました。

5回目の今回は、そのまとめです。

鉄を屋内の階段の手すりや側面の桁板に使用すると、木だけで作るよりは強度が遥かに増すため、蹴上げと呼ばれる踏面を支える立て板を設置する必要がなくなり、そのおかげで、階段の向こう側の景色を見ることができるようになり、部屋をより広く感じることができるようになります。また、鉄のクールでスタイリッシュなイメージと、木の持つ温かく家庭的なイメージが絶妙に混ざり合うことで、室内がオシャレでハイセンスな空間に変わります。

階段を作り替えるだけで、室内の印象を大きく変えることができるのです。

また、鉄を屋内に設置した場合、コーティングが剥がれる心配は屋外に比べてかなり低く、長い年月に亘ってかなりの耐久性を持続することが期待できます。仮に、キズが入ってコーティングが薄くなったりした場合も、上からコーティングを塗り直すだけでメンテナンスは簡単です。日頃の手入れも簡単で、汚れが付いた場合は、乾いた布か、固く絞った柔らかい布で表面を拭き取るだけで大丈夫です。それでも汚れが落ちない場合は、中性洗剤をつけた布で表面を拭き、その後から拭きをしてください。最後に市販のワックスなどを塗っていただくとサビの予防に効果的です。

万が一、表面にサビが浮いてきたときは、研磨パッドなどでサビを削り落としてからワックスを塗ってください。

「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」はアフターフォローも万全ですので、メンテナンスもお気軽にご連絡ください。

 

「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」では、木材と鉄、布と鉄、コンクリートと鉄など、さまざまな材料と鉄を組み合わせた家具や雑貨をご提案しています。部屋の雰囲気を変えたい、おしゃれな家具を探している、部屋にあったオリジナルの家具を作って欲しいと思われるかた、または、自分でアイアンワークをしてみたいというかたも、ぜひ一度「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
0532-74-3399 メールでのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にお問い合わせください 0532-74-3399 メールでのお問い合わせ