アイアン階段でリビングをオシャレに02|&.Fe Designのアイアンとウッドを活かした家具作りで生活をもっと豊かに!

&.Fe Design

presented by 株式会社谷元工業

0532-74-3399 資料請求・お問い合わせ

blog

HOME > BLOG > アイアン階段でリビングをオシャレに02

アイアン階段でリビングをオシャレに02

2020年2月20日

アイアン階段でリビングをオシャレに02

 

愛知県豊橋市を拠点にして、名古屋を中心に広く東海地方にて建物や外構などの鉄製部位の補修工事や鍛冶工事、溶接工事、鉄骨工事、金属加工など鉄に関する施工を幅広く請け負う谷元工業は現在、その鉄に関する専門的な知識と経験を生かし、「~と鉄を組み合わせたデザイン。」をコンセプトに、鉄を木材や布材など他のさまざまな素材と組み合わせることによって生まれる、木製家具とはひと味違った新しい製品を、「日常をかっこよくオシャレにする雑貨、家具、インダストリアル」としてご提供する「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」というアイアン家具・アイアン雑貨のブランドをプロデュースしています。

みなさんこんにちは、「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」広報担当のSです。

前回、リビング階段についてお話しましたが、今回は、リビング階段を取り入れるにあたって考えたいことについて少しお話します。

まず、リビング階段ですが、当然のことながら、メリット・デメリットがあります。最大のメリットは、何といっても「開放感」ではないでしょうか。光と風が入り空間をスッキリと広く見せてくれます。その反面、何の対策もなしでは、冬はとても寒いというデメリットも存在します。では、対策とは、どんなものでしょうか?

それは、断熱性能、気密性能が高い家を建てるということです。

リビング階段がつくられはじめた頃は、まだ、断熱性能、気密性能は、今ほど重要視されていなかったため、リビング階段にした場合、冬は、冷気が上から下に流れてきてとても寒いという声をよく聞きました。しかし、今は、そういった対策がなされている家が多いです。特に、オシャレでスタイリッシュなデザインで人気の「スケルトン階段」や「アイアン手摺」にしたい場合、断熱性能、気密性能は必要不可欠なんです。
もしも、この対策が不可能であるなら、リビング階段、特に「スケルトン階段」や「アイアン手摺」を採用することはおススメできません。

もうひとつ、家の「間取り」次第では、暑かったり、寒くなったりということが起こります。「間取り」もとても重要な要素の一つになります。リビング階段にした場合でも耐えられる断熱性能、気密性能、そしてそれが有効活用できる「間取り」は、これから家を建てる場合に考えなければならないことなのでしょう。オシャレで快適な家、その中に、「アイアン階段」を取り入れてみてください。デザインに迷ったら、ぜひ、「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」にご相談ください。

「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」では、木材と鉄、布と鉄、コンクリートと鉄など、さまざまな材料と鉄を組み合わせた家具や雑貨をご提案しています。部屋の雰囲気を変えたい、おしゃれな家具を探している、木製家具にない個性的な家具を見つけたい、部屋にあったオリジナルの家具を作って欲しい、そのようなことを希望されているかた、または、自分でアイアンワークをしてみたいというかたも、ぜひ一度「&.FeDesign(アンドエフイーデザイン)」までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ
0532-74-3399 メールでのお問い合わせはこちら
まずはお気軽にお問い合わせください 0532-74-3399 メールでのお問い合わせ